since 1999/7/25

刀剣柴田 商品 鎧 刀剣柴田 商品 鐔1

刀剣柴田 商品 鐔2


〈お知らせ〉
NHK総合テレビ 「所さん ! 大変ですよ」
29年(2017)5月18日 木曜 夜8時15分の放送で 「日本刀」がとりあげられました。
刀剣女子ほか、いろいろな人が登場しますが、柴田光隆も出ます。
どうぞ、ご覧になってください。

※好評で再放送があります。
29年6月6日(火) 25時45分からです。

深夜で、正確にいうと、7日、1時45分からとなります。
30分の放送ですので、ビデオなどに録画されてもよろしいと思います。

新着情報
2019/1/23
2019/1/28
月刊誌「麗」2月号のご案内
2019/1/31
TV「何でも鑑定団」出演のお知らせ
2019/2/21
2019/2/26
2019/2/26
2019/3/20

 

 
刀剣に興味のあるかたはそれこそたくさんいらっしゃると思います。
興味あるだけでなく手に入れてみたいと思っている方もいらっしゃるでしょうが、 刀を扱う店は少なく、なかなか刀を手に持つ機会も少ないのではないでしょうか。
当店は東京の中心地に店があるだけでなく、即売会も開催し、また通信販売誌(年間・6000円)を発行しており、多くの愛刀家から長いご信頼とご支持をいただいております。
刀は、入り口は他のものより敷居が高いようですが、入ってみると、手入れはそれほどむずかしくなく、用具も安価です。
鉄の冴えた輝きの美しさというだけでなく、日本の、また侍の文化を見つめなおすことにもなり、その奥行きの深さに魅力を感じる人も多くおります。
刀を所持することは、現在むずかしいことはなにもありません。その刀に、国発行の登録書さえ付いていれば、所持も売買も、ほかの品と変わることはありません。もちろん当店で扱う品には既に付いております。
所持許可証が必要なのは銃を持つ人で、刀は関係ないのです。
よく言われる警察への届け出というのも、登録書をとるための最初の時だけで、当店の刀はすべて済んでおり、やるべきこととすれば、各都道府県庁の窓口に所持人変更の葉書を一枚ポンと出すだけです。
どうぞ、一度、店なり即売会においでいただくなり、また、ご本を読んでいただくなり、刀へのアプローチは歳に遅いも早いもありませんので、興味をもったが吉日、 このホームページのあちこちを開けていただき、なにかお始めいただくことを心からおすすめいたします。


銀座刀剣柴田 代表取締役 柴田光隆
TV「 開運!なんでも鑑定団 」に 
刀剣鑑定士として出演中
 

次回の「開運!なんでも鑑定団」(司会 今田耕司・福沢朗 テレビ東京7チャンネ ル)への出演は、平成31年(2019年)3月5日(火)夜8時54分〜9時53分のスタジ オ出演となります。
今回は、海外から戻ってきた津田越前守助広の脇差を鑑定します。番組の前半です。
どうぞ、ご覧下さい。








刀剣柴田 地図
※お車までは上記3ヵ所の駐車場が便利です。

〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-8 銀座すずらん通り
TEL 03-3573-2801
FAX 03-3573-2804
営業時間
AM9:30〜PM6:30(日曜・祝日休み)

【 Address 】
5-6-8 Suzuran St., Ginza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061, Japan
>>Google map

【 Phone 】
03-3573-2801

【 Opening Hours 】
from 9:30 am to 6:30 pm (Closed on Sundays and national holidays only)

●当店への交通は
地下鉄銀座駅から徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩5分。東京駅からでもタクシー4分。基本料金で来ます。

日本一の繁華街銀座、その中央にあります。お買い物のついでにお気軽にお寄り下さい。
●常時、刀剣50余振を展示
●研ぎ・白鞘など諸工作うけたまわり。当店の工作は迅速確実なことで定評があります。
●刀剣の本・刀剣小物(手入具など)も豊富
●各種クレジットカード(分割も可)取り扱い

刀剣柴田 概観
刀剣柴田 店内



<お問い合わせ>
 
商品のご購入、または売却に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
また、催事・工作(修理加工)・書物。手入具・刀剣雑貨のことなどは、このホームページの各所をあけてご覧下さい。
柴田光隆


〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-8 銀座すずらん通り
(株)刀剣柴田
TEL 03-3573-2801
FAX 03-3573-2804

<E-mail>
sibata@tokensibata.co.jp


<銀行振込>
三井住友銀行 銀座支店 普通口座 7038644/口座名 (株)刀剣柴田

<郵便振込>
郵便振替口座 00190-7-52891 「刀剣柴田」




 
 『麗』平成31年4月号に所載の刀
  種別 時代・場所 造込み 刃長 反り 拵・白鞘 鑑定書 税込価格
1 脇差 越前守助広 江戸前期−大阪 片切刃造り 1.78尺(53.9cm) 3分 白鞘 特別保存・
本阿弥光遜鞘書あり
\3,000,000
2 短刀 長谷部国重(後代) 南北朝末期−京都 平造り 0.95尺(28.8cm) 2分弱 白鞘 保存刀剣 \450,000
3 太刀 波平吉行 南北朝末期−薩摩 鎬造り 2.33尺(70.6cm) 9分弱 拵付 特別保存・
『図録薩摩の刀と鐔』所載
\1,850,000
4 無銘 長船祐定 室町末期−備前 鎬造り 2.23半尺(67.7cm) 7分 白鞘 保存刀剣 \650,000
5 忠光(長船) 室町中期−備前 鎬造り 2.01尺(60.9cm) 8.2分 拵付 保存刀剣 \650,000
6 大和守安定 江戸前期−江戸 鎬造り 2.30弱尺(69.7cm) 5分強 拵付 特別保存 \1,250,000
7 安陪則平作 江戸後期−出雲 鎬造り 2.33半尺(70.8cm) 5.6分 白鞘 保存刀剣 \600,000
8 脇差 雲陽士高橋長信作
慶応三年八月吉日
幕末−出雲 平造り 1.08半尺(32.9cm) 1分弱 白鞘 特別保存 \650,000
9 短刀 祐信 幕末−若狭 鵜ノ首造り 0.49尺(14.8cm) なし 拵付 保存刀剣 \300,000
10 脇差 白石一流斎藤原貞俊
為主練心謄造之
截佞 恒康記
幕末−陸奥 鎬造り 1.52尺(46cm) 2分 白鞘 特別保存 \500,000





月刊誌 麗3月号 既刊639号!
昭和40年から実に50年の実績を誇る
刀剣界最長にして最大発行部数の
刀剣通信販売誌「麗」年間6,000円 
詳しくはここを↑クリックしてください。
平成31年3月号好評発売中!!


月刊「麗」平成31年新春増刊号!
日本刀 現存の優品 87号
展示即売会の販売カタログ
平成30年12月発売!! 総56頁一部800円(送料80円)
どうぞ、お申し込みください。
書籍販売は こちら

↑トップに戻る